お米の炊き方-基本編-

美味しくお米を炊き上げるために、まず、上手にお米を「研ぐ」ことからはじめましょう。「お米を研ぐ」ということは、お米についているぬかを落とすことです。いつまでも水に漬けていると、水に溶け出したぬかが再びお米に戻ってぬか臭いご飯になってしまうので、お米研ぎは「手早くすること」がポイントです。

正確に計量したお米を炊飯器の釜やボールにあけたら、ザーッと水を入れて2?3回かきまわし、手早く水を捨て、よく水切りをします。白く濁った水がほぼ透明になるまで、この動作を繰り返してください。米3カップで2?3分ぐらいです。

水加減は、お米1:水1.2が基本です。炊飯器で炊く場合、目盛に合わせて水を入れますが、水分の多い新米の時は水をやや少なくするなど、季節やかたさの好みで調節してください。

次に、お米を水につけます。寒い時期なら1時間、暑い時期でも30分以上は水につけて、お米に水を吸わせてから炊くようにしてください。

炊飯が終わったら、フタをしたまま10?15分ほど蒸らします。蒸らすことで、芯までふっくらと美味しく炊き上がるのです。

蒸らし終わったら、ご飯をしゃもじで十字にきり、釜の底から大きく上下を返してほぐす「天地返し」を忘れないようにしましょう。こうすることで余分な水分がとんで、パッチリしたご飯になります。

土鍋で炊飯する場合、水をやや多めにすることと、火加減に気をつけることがポイントになります。

・土鍋を強火にかけて、沸騰させる。
・フタの穴から蒸気が出てきたら弱火にして、15?20分ほど炊く。
・5秒間ぐらい強火かけてから、火を止める。
・濡れふきんをフタの上にかぶせて蒸らす。
・天地返しをする。

産地限定品種 コシヒカリ愛知SBL
コシヒカリ愛知SBL

JAひまわり管内だけで生産される産地限定米。もみ種の生産から作付け、そして精米、販売と全てを一元管理している安心なお米。農薬・化学肥料を通常の5割以上削減した特別栽培米。この安心・安全なお米がお買得!送料無料10kg4,600円!

金井農園 天日干し有機米 コシヒカリ
金井農園 天日干し有機米 コシヒカリ

金井農園の歴史は古く、この地で代々お米をつくっています。 当代の金井さんは6代目。お父様は今年で82歳でもまだまだ現役です! 金井さんの田んぼは訪れただけでも優しい気持ちになってしまいそうなほど自然を感じられます。 22年度産在庫あり

高徳さんのおいしいお米 「コシヒカリ」
高徳さんのおいしいお米 「コシヒカリ」

先祖代々からこの下野市(旧河内郡南河内町)の土地でお米作りをしている高徳家。高徳さんの田んぼは鬼怒川のすぐ近くに位置していることもあり、その土地の水はけの 良さや栄養のある土の恩恵でおいしいお米が育まれるのです!

【JAくま】医食同源ひとよし米
【JAくま】医食同源ひとよし米

人吉市は、宮崎県・鹿児島県に接しており、日本三大急流の一つ「球磨川」が市の中央部 を貫流します。四方を山々に囲まれた土地は昼夜の寒暖の差が激しく、またこの周囲の山々から流れる豊かな水資源にも恵まれた、良質な農作物が作り出される土地です。

23年 北海道産ゆめぴりか
23年 北海道産ゆめぴりか

現在人気急上昇中の北海道米。中でもミルキークイーンの親戚品種となり、それ以上に美味しい言われている「ゆめぴりか」の23年度産1等米が4,699円(送料無料)で販売中です!これはオススメですね!

関連記事

 
Copyright (C) おいしいお米通販ランキング@お取り寄せ. All rights reserved